マリッシュのリアル体験談

シンパパが出会いを求めて1か月限定でマリッシュに登録!



30代も半ばを過ぎるとほとんど異性との出会いがない。
友人達はほとんど結婚し仕事と家族サービスに忙しそう。会社でもシンパパと聞いて寄ってくる女性はいない…。

はい、私のことです(泣)
当時離婚し子供を引き取ってから約5年、職場でもプライベートでもまったく出会いがない状況でした。このままでは将来孤独になると思い、3年前にも出会いを求めてペ〇ーズに登録したことがありました。

しかし…一般的にシンパパという状況は婚活に関しては大きなハンディキャップになります。
年齢的なことに加え子供がいるというだけでなかなかマッチングせず。条件だけで見るサイトでの出会いを諦めしばらく仕事や家のことだけに専念することに。

そうするうちに子供が中学生になりなんと子供の方から「再婚したら?」との話が…!
大人になったなぁとしみじみ思いながら、子供に背中を押されてる形で再度婚活を始めることにしました。

そして色々調べたところ、シンパパ・シンママ向けの婚活サイト「マリッシュ」があると知りいざリベンジと1か月限定で活動しました。このサイトはそんな管理人が実際にマリッシュに登録して活動をした体験談を元に書いています。


ちなみに私のざっくりとしたスペックは

38歳・会社員、中学生の娘を持つシンパパ。趣味はアウトドアと料理。
顔・年収ともに平均的。

こんな感じで1か月だけ活動した体験談を書いていきたいと思います。

マリッシュにサクラや業者はいるのか!?


こういった出会い系のマッチングサイトで一番心配なのはサクラや別サイトに誘導する業者の存在ですよね。
マッチングサイトに慣れていない人ほどサクラや業者の見分けが付かず、無駄にポイントを使わされたり他のサイトに誘導された、なんて話は良く聞きます。

ではマリッシュにサクラや業者はいたのかというと、恐らくどちらもいなかったであろうと思います。はっきり断言できない要因は、他のサイトに誘導されたことはなかったんですがサクラっぽい人はいたからです。

そのサクラっぽい人とやり取りした流れがこちら

@相手(20代前半)からいいねが付き、試しにマッチングしてみる。

A怪しいと思いどこが良くていいねしたのか聞くも会話が噛み合わない

B「お話ししたかった」という割に相手からの質問やメッセージはなし

C時間をおいてメッセージをしてみたら返信は来るが短文や単語で返答

ちぐはぐなやり取りがサクラっぽかったんですが、ポイントを買わせるようなこともなかったですし、別なサイトへ誘導されることもなかったのでただの暇潰しだったのかなと(笑)
その後特にメッセージをやり取りすることなく放置していました。

他にもサクラではありませんがただマッチングしただけの人、メッセージはやり取りしたけど会うほど盛り上がらなかった人など、場合も多かったので、簡単に振り分けてみると

真面目に出会いを求めている人・・・・  70%

そこまで会う気がなくやっている人 ・・・20%

ただの暇つぶし・・・・・・・・・・・・・10%



といった感じでした。
私の場合、プロフィールの写真で顔出ししていたので、比較的も真面目な方とのマッチングが多かったんだと思います。

マリッシュ1か月間のマッチング結果



実際にマリッシュを1か月間活動した結果からお伝えします。

マッチング 15人くらい(最終的に手が回らずやりとりしてない人あり)

LINE交換  5人(住まいが遠く会うのを断念した人あり)

会った人  3人(うち1人とお付き合い)

という結果に!
お相手は小学生のお子さんを持つ30代前半の看護士です。

私のような顔も年収も平均的の子持ちアラフォーが、まさかたった1か月で彼女ができるとは思っていませんでした。
しかしこの結果、決してただの偶然ではありません。

なぜこんな短期間で結果がでたのか?
ペアーズとマリッシュで何が変わったのか?

ペアーズでの失敗を踏まえマリッシュで改善したポイントを3つ書いていこうと思います。
これから出会いを求めているシンパパの皆さん、絶対にあきらめないで一緒に頑張りましょう!

1.マリッシュではターゲットを絞る

シンパパに対し抵抗がない人達は誰かと言うと、シンママです。つまりターゲットをシンママに絞ることでマッチングしやすくなります。

「え、もっと幅広くチャンスを広げたいんだけど…」
「未婚で年下の女性がいいんだけど…」


そう思われる方もいるかもしれません。ペアーズをやっていたころの私がまさにこれでした。
しかし結果は惨敗。その原因はターゲットの選定ミスです。

ペアーズの頃は年下の未婚女性で見た目がタイプの人にばかりいいねを送っていました。しかし向こうからはまったくいいねが返ってこず。逆にいいねをもらう方は同年代、もしくは年上のシンママからがほとんどです。

しかし自分が想定しているお相手とは違うためいいねをもらってもこちらから返すことなくほとんどスルーしていました。自分がスルーしている方とまったく同じ事を自分でもやっていたんです(汗)

ちょっと考えれば分かるんですが、向こうも同じ未婚である程度年齢が近い人の方が良いに決まっています。お互い何年も前から良く知っている同士ならもしかしたらあるかもしれませんが、それがまったく知らずずいぶん年上の、しかも子供がいる人からいいねをもらっても正直うれしくはありませんよね。

つまり超現実的に自分を見つめ直さない限りいいねのミスマッチは起こり続けます。だからこそ自分の価値を知り、それに合わせた―ゲット選定が非常に大事ということです。

2.マッチングしやすいようにプロフィールはしっかり書く

ターゲットを絞ったらプロフィールと画像をターゲットに合わせて入れましょう。

コツは2つ。プロフィールへのちょっとした工夫写真の内容です。
1つ目のプロフィールはターゲットに合わせて書くとマッチングする確率がぐっと上がりますよ。文章のコツとしてはストレートに「お子さんがいる方でも気になりません」と書くだけです。

他の内容については

・子供の大体の年齢(子供がいれば)
・離婚の理由(大まかでも書く)
・仕事
・趣味
・ちょっとした自慢(控えめに)


これらは最低限書くようにして下さい。
仕事や趣味を書くのは当たり前ですが、このサイトがマリッシュでターゲットがシンママということを考えると、離婚の原因や子供の大体の年齢は大まかにでも書いておく必要があります。

2つ目の写真についてはもちろん顔が分かる物、それと全身写っている方が雰囲気が伝わりやすいのでおすすめです。

例えばお相手を探す時、優先的にプロフィールを見るのは顔写真が分かる人ですよね。男性でも女性でも顔や雰囲気が分かれば興味が持ちやすいので、写真がないだけでマッチングする確立がとても低くなります。

私がペアーズをやっていた時は顔写真も載せずプロフィールもダメダメでした。
それを踏まえて真っ先に改善したのがこの2つです。これはもう「絶対」やるべきです。そのおかげで彼女ができたんですから。

またもう一つメリットがあるとすれば顔写真を載せることでお相手を振るいにかけられることです。
お互い見た目NGだったら最初から会こうもないと思いますが、逆に見た目OKだったらマッチング=会うというになりますよね。

3.シンママと会うということを本気で考える


マリッシュで会う際の注意点は下の4つです。

・基本的に敬語で接する
・相手の生活リズムを察する
・あまりぐいぐい行かない
・会うとしても短時間


幸いマッチング数が多かったので色々試してみたんですが、上の4つを気を付ければある程度会うところまではいきやすいのではないかと思います。

一つずつ解説していきますね。

【基本的に敬語で接する】
当たり前のことなんですが年齢的に最初から「やっほー」みたいな馴れ馴れしいキャラは引かれます。よく考えればお互い子供がいるお父さん・お母さんなのでその辺りはわきまえなければなりません。

メールで仲良くなれる人もいれば、実際に会って先が見えた人じゃないと仲良くなれない人もいるので、壁が取れたと分かるまでは敬語を使った方が相手の印象は良くなります。

【相手の生活リズムを察する】
独身の方との決定的な違いは子供がいることです。
子供がいる人には分かることですが、仕事から帰ったら子供にご飯を食べさせ、宿題を見てあげたり年齢によってはお風呂に入れる。また寝付くまで面倒を見るケースもあるので、ゆっくりLINEやメールができない時間帯がありますよね。

その辺りを理解した上で考慮してあげてください。また寝る時間帯も違うと思うので、何時くらいまでやり取りできるのかそれとなく聞いておくと良いと思います。


【あまりぐいぐい行かない】
これは上記2つの延長になりますが、LINEへの移行や会う日を決める時は相手の都合優先で決めると良いです。もちろんシンママに限らずですが、子供の都合をきちんと考慮して伺うと好印象を持たれます。
例えば「LINEしたいんですが、通知音でお子さん起きたりしませんか?」とか、「お子さん迎えに行く時間もあると思うので、何時くらいまで会えますか?」などです。

バツイチの女性は未婚の方よりもより誠実な人を求めています。子供や周りのことに配慮できれば誠実で相手を思いやれる人だと感じてもらいやすくなります。


【会うとしても短時間】
最初に会う時は短時間でもいいので子供抜きで会うことをおすすめします。
なぜならもし子供が小さいとゆっくり話ができないからです。

以前ペアーズでマッチングした方と食事に行ったことがありましたが、子供も一緒にということで3人でショッピングモールに食事を行ったことがありました。
ほんの小一時間程度のでしたが、ちょうどヤンチャ盛りの男の子ということもあって座ってご飯を食べない、店内を走り回るなどまったくお互いの話ができませんでした。

もちろんそんな子供ばかりではありませんが、お互いの話をするのであれば子供抜きで会うことをおすすめします。

「シンママと会ってるんだから仕方ないだろ」

そう思うか方もいるかもしれません。
しかしサイトで会っている以上お互いのことを知るために時間を使っているので、最初はできる限り子供を預けてもらうようお願いしましょう。
その替わり会う時間を短時間に回数を増やした方がより仲は深まりますよ。


以上4点がマリッシュを体験して感じた注意点になります。

まとめ:シンパパにはマリッシュが一番

以上のことをまとめると

・年下(10歳〜)の未婚女性はターゲットにしない

・マリッシュは真剣に考えている人のことを考える

・どんな人であれ真摯に対応する

・相手の生活環境に十分配慮する


これらを気を付ければ1か月で何人かと会うことできるはずです。
中にはすぐに会おうと言ってくれる人もいると思いますが、そういった方は稀でちょっとでも違和感を感じるといかなシンママと言えとフェードアウトしていきます。焦らず相手に配慮しながら日程を決めましょう。

実際にマリッシュに登録すると無料ポイントでメール何通かはやり取りできるので、登録後すぐに年齢確認することをおすすめします。無料の段階である程度プロフィールを充実させ周りの反応を見て有料会員に切り替える方法がおすすめです。

それでは同志の健闘を祈ります!登録はこちらから▼

 

サイトマップ